トップページ > コントロールパネル操作 -自動応答メール設定

コントロールパネル操作 -自動応答メール設定


1.コントロールパネルログイン後のトップ画面で【メール】の“メールアカウント”をクリックします

メールアカウント




2.【メールアカウント】で表示されているメールアドレスの一覧より自動応答設定をするメールアドレスをクリックします

メールアカウント一覧




3.【ツール】の“自動応答”をクリックします

自動応答




4.“新しい自動応答の追加”をクリックします

新しい自動応答の追加




5.【プリファレンス】の“有効な自動応答”へチェックを入れ、“自動応答名”の入力ボックスに名前を入力します

有効な自動応答




6.その他、必要項目へ入力し、最下部の【完了】をクリックします
各項目については、下記をご参考にして下さい


状態

指定ワード
・常に返信します:受信する全てのメールメッセージへ自動的に応答する
・ -件名中に-:件名に特定の語句を含むメールメッセージにのみ自動的に応答する
・ -本文中に-:本文に特定の語句を含むメールメッセージにのみ自動的に応答する

返信の件名:自動応答で返信されるメールの件名
デフォルトでは受信メールの件名が自動応答で送信するメッセージの件名に挿入されます。
カスタムの件名を使用するには、[返信の件名]入力ボックスにカスタム件名を入力します。


返信

返信先アドレス:このメッセージへの返信先アドレスを入力します
こちらから送信されたメッセージが自動応答であると相手側が想定できないため、相手側が自動応答に対して
返答する場合があります。このため、[返信先アドレス]として自分のメールアドレスを指定する必要があります。

メール送信時のフォーマット:メッセージの形式
自動応答メッセージの形式(プレーンテキストまたはHTML)を指定します。
HTML自動応答メッセージにHTMLタグを使用する場合、[HTML]オプションを選択します。

エンコード:文字のエンコード方式(UTF-8を推奨)を指定します。

返信テキスト:ここへメッセージを入力します


制限

同一のアドレスへの返信上限回数:同じメールアドレスへの1日あたりの自動応答の数を制限するには、
[制限]内の各入力ボックスに上限数を入力します。

保存:メールサーバの負荷を減らすために、自動応答が記憶する固有のアドレスの数を制限できます。
それには、[保存-]ボックスに上限数を入力します。


制限

添付ファイル:必要に応じて、ファイルを添付します。
この場合、[新しい添付ファイルの追加]ボタンをクリックし、以前に添付保存にアップロードしていたファイルに
対応するチェックボックスを選択し、[OK]をクリックします。
添付ファイルを自動応答から削除するには、該当するチェックボックスを選択して[削除]をクリックします。




7.【ツール】の“スイッチオン”をクリックし、機能を有効にします

スイッチオン




8.【メール自動応答】の左側に表示のマークと自動応答名の左側に表示のマークが緑色になり、機能が有効であることを確認します

スイッチオン




以上で、自動応答メール設定は完了です。