トップページ > コントロールパネル操作 -メールアカウントの追加

コントロールパネル操作 -メールアカウントの追加


1.コントロールパネルログイン後のトップ画面で【メール】の“メールアカウントを作成する”をクリックします

メールアカウントを作成する




2.【メールアカウントプロパティ】で表示されている下記項目に必要事項を入力し、【次へ】をクリックします

・メールアカウント名:アットマークの左側に設定する文字列 例:server01など半角英数字
・新しいパスワード:メールアカウントに設定するパスワード
・パスワードの確認:上で入力したパスワードを再入力
【コントロールパネルアクセス】および【メールボックス】の設定は特に変更する必要はありません

メールアカウントプロパティ



3.ウイルス保護設定を行います

ウイルス保護を行う項目、【受信メールのみ】【送信メールのみ】【受信および送信メール】より選択し、【次へ】をクリックします
ウイルス保護を行わない場合は、【スイッチオフ】を選択し、【次へ】をクリックします

プリファレンス




4.SPAM フィルタを設定します

SPAM フィルタを有効にする場合は、【SpamAssassin スパムフィルタを有効にします】にチェックを入れます
有効にしない場合は、チェックを入れず最下部の【完了】をクリックします

SPAM フィルタを有効にした場合、【SpamAssassin 設定】を行い、【完了】をクリックします
特に変更の必要はございませんが、設定の変更を希望の場合は、下記を参考にして下さい

・メッセージを SPAM として判断するスコア値:スパムフィルタの感度の調整で、値が低いほどフィルタ感度は高くなります
デフォルトでは、スコアが7ポイント以上のメッセージがすべてスパムと分類されるようにフィルタ感度が設定されます。
デフォルトの設定で多くのスパムメッセージを受け取る場合、ボックスの値を 6 などに下げてみてください。

・SPAM として認識したメッセージの場合、件名の先頭に以下のテキストを追加する:スパムとして受信されたメールの
件名行の先頭に特定のテキスト文字列を追加します
デフォルトでは、【****SPAM****】と設定されていますが、希望の記号や文字の組み合わせで設定可能です
スパムフィルタにメッセージの件名を変更させたくない場合は、このボックスを空白のままにしてください。
件名にメッセージのスコアを含めたい場合は、このボックスに _SCORE_ と入力してください。

・メールボックスに受信した際 SPAM を削除する:スパムフィルタの精度を確実なものにする場合、スパムと認識された
すべての受信メッセージを自動的に削除するようにフィルタを設定できます。
この場合、[削除]オプションを選択します。
※必要なメールがスパムと判定されてしまう場合もございますのでご注意下さい

メールアカウントプロパティ




以上で、メールアカウントの追加は完了です。