トップページ > コントロールパネル操作 -アクセス制限

コントロールパネル操作 -アクセス制限


1.コントロールパネルログイン後のトップ画面で【ファイル】の“パスワード保護ディレクトリ”をクリックします

パスワード保護ディレクトリ




2.【ツール】の“保護ディレクトリの追加”をクリックします

保護ディレクトリの追加



3.【プリファレンス】に表示されている必要事項を入力し、【OK】をクリックします。
指定したディレクトリは保護されます。

プリファレンス

ディレクトリ名 *:パスワード保護の必要なディレクトリのパスを[ディレクトリ名]ボックスに指定します。
※サイト内に存在するディレクトリになります。
保護の必要なディレクトリが作成されていない場合、パスとディレクトリ名を指定すると、Parallels Plesk Panel が自動的に作成します。

【例】
① /httpdocs の secretフォルダ以下にアクセス制限をする場合 /secret
② /httpdocs の pc フォルダ内の secretフォルダ以下にアクセス制限をする場合 /pc/secret
③ /cgi-bin のCGIスクリプトを保護する場合 /
※[ディレクトリ名]ボックスの「/」をそのままにして[cgi-bin] チェックボックスを選択します。
スラッシュ記号の後に空白は入っていないか確認して下さい。空白が入っている場合、空白を含む名前で保護付きディレクトリが作成されます。

ディレクトリの位置
非SSL:/httpdocs 以下のディレクトリを保護する場合
SSL:/httpsdocs 以下のディレクトリを保護する場合
cgi-bin:cgi-bin ディレクトリに保存されたCGIスクリプトを保護する場合

ヘッダーテキスト:リソースの詳細または管理者の顧客が保護付き領域を訪問したときに表示されるウェルカムメッセージを入力します。




4.許可されたユーザを追加するには、【ツール】の“新しいユーザの追加”をクリックします。

新しいユーザの追加




5.【保護ディレクトリユーザ】に表示されている必要事項を入力し、【OK】をクリックします。

保護ディレクトリユーザ
新しいユーザ *:保護された領域へのアクセスに使用するログイン名
新しいパスワード *:保護された領域へのアクセスに使用するパスワード
パスワードの確認 *:パスワードの再入力
※パスワードには 5~14 個の記号を使用します。

保護ディレクトリユーザ




この保護されたリソースに対して、許可されたユーザを追加するには、4から5を繰り返します。

以上で、アクセス制限は完了です。